こっちが見てない時に見て くる男性の心理とは?

こっちが見てない時に見て くる男性の心理とは?

ふとした瞬間に「視線が気になる」という事はありませんか?

 

あきらかに自分の目線とは違う方向からくる視線。

 

女性の方であればこのような経験をしている方も多いのではないでしょうか?

 

もちろんその視線は男性で「こっちが見ていない時に見てくる」といった状況ですよね。

 

このように、こっちが見ていない時に見てくる男性は一体何を思っているのか疑問に思う方も多いでしょう。

 

ここではそんな男性の心理についてご紹介していきます。

 

見てない時に見てくる男性の心理とは?

冒頭でも紹介したように、明らかにこちらの目線とは違う所からくる男性の視線。

 

その男性の視線に目をやると、プイっと視線をそらされた経験もあるのではないでしょうか。

 

この時の男性の心理は、「あなたに気がある」可能性が高いといえるでしょう。

 

面と向かっては目を合わせにくいけれど、好意を持っているから自然とあなたの事を目で追ってしまうケースが多いと言われています。

 

もちろんすべてがこのケースに当てはまるわけではありませんが、可能性は高いとみられます。

 

あなたにとって全然好きでもない男性からの視線はあまりうれしくないでしょう。

 

しかし片思い中の方からの視線でしたら、この上ないチャンスではないでしょうか?

 

両思いの可能性もありますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

あなたの勘違いの可能性もあるので注意!

いくら男性の視線は行為の表れだといっても、そもそもその視線が勘違いだった場合もあるので注意が必要です。

 

「こっちが見てない時にみてくる」とあなたが思っていても、実はあなたの視線の先にある物を見ている可能性もあります。

 

勘違いした結果、「大恥をかいた」なんて事にならないように注意しましょう。

 

そのため、見てくると思っても早とちりはせずにじっくりと様子をみることをおすすめします。

 

あなたが何か行動を起こす際は「これは間違いない」と思える段階まで、じっくりと様子をみてみましょう。

page top